映画『白ゆき姫殺人事件』オフィシャルサイト

SCROLL

イントロダクション

国定公園・しぐれ谷で誰もが認める美人OLが惨殺された。全身をめった刺しにされ、その後火をつけられた不可解な殺人事件を巡り、一人の女に疑惑の目が集まる。彼女の名前は城野美姫。同期入社した被害者の三木典子とは対照的に地味で特徴のないOLだ。テレビ局でワイドショーを制作するディレクター・赤星雄治は、彼女の行動に疑問を抱き、その足取りを追いかける。取材を通じてさまざまな噂を語り始める、美姫の同僚・同級生・家族・故郷の人々。「城野さんは典子さんに付き合っていた人を取られた……押さえていたものが爆発したんだと思う、あの事件の夜」「小学生の頃、よく呪いの儀式をやってたって。被害者の殺され方が呪いの儀式と同じでしょう?」「犯人です、間違いありません!」。テレビ報道は過熱し、ネットは炎上。噂が噂を呼び、口コミの恐怖は広がっていく。果たして城野美姫は残忍な魔女なのか? それとも──。
原作は『告白』『北のカナリアたち』と映画化が相次ぐベストセラー作家・湊かなえによる傑作長編。映画『アヒルと鴨のコインロッカー』『ゴールデンスランバー』など複雑な物語を鮮やかに描く名手・中村義洋監督が、関係者の証言や匿名の人々によるTwitterの投稿、ワイドショーの報道などを次々と積み重ね、かつて観たことのない重層的で現代的なサスペンスを生み出した。

解説・ストーリー

事件の鍵を握る重要人物として疑いのまなざしを向けられる主人公【城野美姫】を演じるのは、『八日目の蝉』で第35回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞した井上真央。食い違う人々の証言に合わせて、まったく異なる表情を演じ分けたその演技力には、あらためて高い評価が集まるに違いない。ワイドショーのディレクター【赤星雄治】役には、映画・テレビと話題作への出演が相次ぐ綾野剛。取材で入手した情報をTwitterでつぶやき、ネット空間を炎上させる浅はかな男を見事に演じ切った。また、美姫の後輩で、旧知の赤星に大事な情報をリークする【里沙子】役に蓮佛美沙子。謎の死を遂げる美人OL【典子】役には、これが映画初出演となる菜々緒。美姫の故郷に住む小学校時代の親友【夕子】役を演じたのは貫地谷しほり。美姫が勤める会社の上司で、殺された典子の元恋人【篠山】役に扮するのは金子ノブアキ。いずれも人気と実力を兼ね備えた共演陣が、謎に満ちた物語を多彩に彩っている。
「美姫には呪いの力がある」「これは綿密に練られた殺人計画なんです」「城野は黒魔女」──膨らむ妄想、ねつ造される記憶、拡散する悪意。動機は嫉妬か? 恨みか? そして容疑者【城野美姫】はクロか、シロか!? 一瞬も見逃せないノンストップ“ゴシップエンターテインメント”がここに誕生した!

  • 1
  • 2

CAST キャスト

容疑者【城野美姫】は、

魔女か?

天使か?

食い違う証言

CHARACTERS キャラクター・証言

MUSIC 劇中曲

芹沢ブラザーズ

ヴァイオリン/雅也
長野県出身。4歳からヴァイオリンを始める。
ジュリアーノ音楽院本科を卒業。
ピアノ/美也
長野県出身。4歳からピアノを始める。
ピッツバーグ音楽院器楽科を卒業。
ヴァイオリン/優也
長野県出身。5歳からヴァイオリンを始める。
グラーツコンセルヴァトリウム音楽大学を卒業。

芹沢ブラザーズ公式サイト
http://www.serizawa-bros.com/

芹沢ブラザーズ

「All alone in the world」
芹沢ブラザーズ(キングレコード)

発売日:3月12日
発売元:キングレコード
品番:KIZC-243〜4
定価:¥2,200(+tax)/(CD+DVD)

安川午朗によるオリジナルサウンドトラックも収録。

PRODUCTION NOTE 制作日誌

1/19

Standby

映画の制作現場に関わるスタッフは大抵、脚本を受け取ったらまず、各部署のやり方で「脚本をバラす」作業をしてから準備に臨む。「バラす」とは台本を「表」にすることだ。何度か熟読したあとに、自分の担当する部署に即した形で作成して、内容をさらに細かく分析していく。どの職種であっても大事なことだと思うが、いわゆるこの「整理整頓」を事前にきちんと行っておかないと、内容の把握が薄くなり、急な変更などにも対応できなくなってしまう。脚本を読みながら感じていたが、この作品、「バラす」だけで相当手こずる…内容が入り組んでいるからだ。湊かなえ氏独特の時間が人物の感情に合わせて行ったり来たりの構成。バラしてみるとシーンの数だけでも通常の映画の倍以上の数(およそ280シーン)になった。プロダクションから言われているスケジュールの大枠の撮影実数は30日~35日。簡単な撮影にはならないと予想される。しかしながら、まだ初期段階ではあるが、かなり追い込まれた素晴らしい脚本。中村監督と脚本の林さんの苦労と努力にまずは感服。

5月某日

長野の茅野にて監督と『奇跡のリンゴ』以来の再会。大熊ラインプロデューサー、大月制作担当と4人で「しぐれ谷」候補地へ。移動の間、監督と内容に関しての意見交換や準備、撮影に関しての大枠のプランを話し合う。そして車は「しぐれ谷」へ到着。原作のままの立地とまでは行かないが、ほぼ完璧に近いイメージ。恐らくこれを超える場所を探すのは徒労に終わるだろうという直感。森の奥に入り込んだ場所にあるため機材の搬入には少々手間取るだろうが、やれないことはないレベル。高速道路からのアクセスもいい。後日あらためてメインスタッフとともに確認に来てからの決定となるが、ほぼこの場所で間違いないだろう。大月、お見事! ロケハンが進み、今回の撮影は大きと東京の2か所をベースに行うことが決定。長野は原作の設定通りのうえ涼しい。真夏のロケーションのことを考えるとベストな選択。それにしても要素が多い内容だ(笑)。脚本の形で言うといわゆる「扇型」の構成となっている本作。つまり、一つの事象や事件を複数の視点で描いていく。これにテレビの情報番組、溢れるTwitter表現や主人公の子供時代の回想劇も混ざってくる(これもやや視点が変わる)。物語の時系列を整理するだけでも手こずる。

6月21日

衣裳・小道具合わせ開始。トップバッターは井上真央(城野美姫役)。今回は内容が入り組んでいるため、各キャストとともに監督との演技プランの確認も重要となってくる。監督もいつも以上に丁寧にキャストと話し合いを進めていく。

Location

今回の撮影スケジュールの大枠は、予算やロケ場所、キャストのスケジュール、子役を出演させるにあたり、夏休みを利用した方がベターであろうということなど、諸々を勘案して、都内~長野~都内~長野ロケという4ブロックとなった。

1stブロック@東京

7月9日、クランクイン

物語の3年前と1年前の「日の出化粧品・新人顔合わせ」のシーン。井上真央、蓮佛美沙子(狩野里沙子役)、菜々緒(三木典子役)、小野恵令奈(満島栄美役)、芦川誠(課長役)登場。みなさん初日から完璧なキャラクターでOK。

1stブロック@東京

7月10日

綾野剛演じる赤星が城野美姫(井上真央)の同級生、江藤慎吾(大東駿介)に取材するシーンの撮影(実はこのロケ地、中村組のスタッフルームです)。ここで中村監督のユニークなアプローチが。全編通して試みたことだが、赤星が回しているカメラ映像に関しては(被写体が単独で写っている情報番組用の映像)、監督が作成した箇条書きのメモをベースに、監督自らがインタビュアーとしてほぼアドリブに近い状態でキャストに芝居をしてもらってます。つまり、カメラの脇には監督がいて、取材対象となるキャストは監督を相手に芝居をしています。キャストと監督の呼吸感はバッチリ。

1stブロック@東京

7月11日

この日はホントに暑かった。にも関わらず今日撮影するシーンは「冬設定」。真冬の服装でラーメンと焼きそばを食べる井上真央と谷村美月(前谷みのり役)。とってもおいしそうに食べてました。役者ってのはヘンな職業だなと思う瞬間(笑)。お疲れ様でした!

1stブロック@東京

7月13日

石鹸工場のシーン。撮影のために工場の製造ラインを空けていただいたうえ、丸い形の石鹸を作っていただきました。ちなみに準備していただいた材料は石鹸1000個分。工場の方にもご出演いただき本当に感謝感謝です。篠山係長(金子ノブアキ)のキャラの変化にもどうぞご注目を。

1stブロック@東京

7月14日

この第一ブロックの東京ロケで絶対に撮り上げないといけない「日の出化粧品」オフィスの撮影に突入。オフィスや給湯室、屋上など、前述の工場以外の日の出化粧品の撮影はすべてシーボン化粧品さんにご協力していただきました。しかし、こちらのスケジュールで撮影に充てられる日数はトータル4日間のみ。通常で考えると分量に対して2日ほど足りない状況…。各部フルスピードでの撮影。監督、キャストともめまぐるしく設定が変わるにも関わらず、ブレることのない演出と芝居。日々、終了時点でヘトヘトになったことは言うまでもありません(笑)。

2ndブロック@長野

7月23日

酷暑の都内から脱出。これより11日間の長野ロケ。その初日、二日目と二晩をかけて「しぐれ谷」のシーンを撮影。井上真央、蓮佛美沙子の鬼気迫る芝居と、本作が映画初出演の菜々緒も、足を擦り傷だらけにしながらも迫真の演技を見せてくれた。特に菜々緒は川の中に入ったりとエンジン全開。予想外の明け方の寒さにも耐え無事撮影終了。本当にお疲れ様でした。

2ndブロック@長野

7月27日

「しぐれ谷」に綾野剛(赤星雄治役)登場。赤星が「しぐれ谷」に一人でやってくるシーン。綾野剛に一切現場を見せずに、車でリアルに到着するところから死体現場発見までを一気に段取り(リハーサル)開始。段取り後の「リアルに怖いよね」の綾野剛の感想が見事に反映されたシーンとなる。同日の夜は、美姫が典子を車に誘うシーンを、雨をしのぎながらの撮影。視点が3パターン変わるシチュエーションを、積極的に楽しんでやってくれた井上真央、さすがでした。

2ndブロック@長野

8月2日

貫地谷しほり演じる夕子の登場。取材に来た赤星が終始押される芝居には、監督ともどもスタッフもおかしさをこらえきれない撮影。綾野剛もほぼ初めて演じるキャラと思われる「薄い男」がすっかり堂に入ってきた(笑)。

3rdブロック@東京

8月7日

暑い東京に戻ってきての撮影も三日目。この日はテレビスタジオの副調整室の撮影。スタジオの無数にある画面の大半は、後にCGでハメ込むため、オンエアー中の芝居は「画のない」状態での撮影でしたが、リアクションなど問題なく順調に撮影終了。

3rdブロック@東京

8月8日

里沙子のマンションのシーンの撮影。インドア撮影に加え冷房機の不備で、熱がこもり相当の暑さとなる。里沙子のトークを鵜呑みにして聞く赤星のリアクションが面白い。

3rdブロック@東京

8月9日

映像制作会社のシーンの撮影。実際の制作会社をお借りしての撮影。映画のなかの同シーンのシチュエーションをこの日一日で撮るので、感情のアップダウンが撮影の進行とともに色々と変化する中、綾野剛、最後まで「薄っぺら」を貫徹して本作品の出番はすべて終了(笑)。お疲れ様でした!

4thブロック@長野

8月13日

いよいよラストスパート。第4ブロックは子役たちの世界。監督ともども「こんな映画だっけ?」と思わず冗談を言ってしまうほど作品のシチュエーションが変わる。この日は小学校の撮影。集まってくれた小学生のエキストラの皆さん。いいリアクションとお芝居でした。本当にありがとうございました。

4thブロック@長野

8月15日

小学生の美姫と夕子が神社で火遊びをするシーン。いじめられる夕子をやさしく美姫が励ます。風が強くなかなか「ひと形」に火がつかなかったが、照明部が作ってくれた風よけのおかげで何とか着火。子供ながら何回もくじけずに頑張ってくれました。

4thブロック@長野

8月16日

中学校の撮影。中学生の美姫が慎吾に雑巾を載せられてしまうシーンなどを撮影。美姫役の諸江さん、慎吾役の内山くん、アンとギルバートになってたよ。参加してくれた中学生の皆さんや、スイカやお新香などの差し入れをしてくれた地元の方々にも感謝です。この日をもって長野ロケが終了!

8月19日、クランクアップ

本作品の最終日は東京。「芹沢ブラザーズ」のPVの中に、イメージで入り込んでしまう美姫の撮影。ここでちょっとしたサプライズ。照明部のスタッフに「男の子が生まれた」とのことで、そのスタッフに芹沢ブラザーズ役のTSUKEMENの三人から即興の生演奏! スタッフ一同から集めた「お祝い金」が手渡されました。プレゼンターは井上真央、ノリノリのステップで渡してくれました!本当にめでたいクランクアップ。スタッフ、キャストの皆さん、お疲れ様でした!!

[助監督 佐和田 惠]

白ゆき姫殺人事件